アメリカン・エキスプレス。たとえば、空港からスーツケース無料配送

2008年03月15日

加湿器が故障した SHARP HV-77F-H

SHARP スチームファン式加湿器 HV-77F-H

動作はするものの湯気が出てこなくなったので分解して原因を確認する。

SN382258

SN382259
名盤

 

SN382249 
下のフタを開けて内部を確認する

SN382250
どうやら沸騰鍋が腐食して配線が切れてしまったようだ  

posted by LinuxDK at 01:29| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Junk - 分解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

au 京セラ W44K 携帯電話の分解

au 京セラ W44K 携帯電話の分解

 

かなり薄型の筐体である 
SN382213 SN382211

黒いつめを押し上げて液晶ユニットをはずす。そして筐体の金属板をはずしたら元に戻す
SN382182

これで裏を半透明化できた
SN382212

 

京セラ W44K HP
http://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/consumer/w44k/index.html 

posted by LinuxDK at 00:15| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Junk - 分解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CGX-40-AR 自動販売機硬貨判別ユニットの分解 NIPPON CONLUX CO.LTD

SN382152

全景
SN382149SN382150

各ユニットはプラスチックのツメで止まっており,分解がしやすくなっている。
かなりの設計能力である。
SN382157


硬貨蓄積ユニット
SN382153SN382154

コンピュータユニット
SN382151

この電磁石で硬貨の払い出しを行う。 
SN382161

硬貨ユニット下
SN382155       

金属センサー
SN382160


移動感知センサー
SN382156

設定スイッチ
SN382158SN382159

posted by LinuxDK at 00:08| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Junk - 分解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バーコードリーダーを分解する

SN382143SN382144

 

SN382145 

受光素子。縦長である
SN382146 

レンズスリット。ここで光を受光素子へ誘導する
SN382147 SN382148  

posted by LinuxDK at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Junk - 分解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

カップ式自動販売機の内部

 

これが内部だ 
SN382067

中央が味の素。右にある白い管はミルク。下は水タンク
SN382068

 

カップ供給機はホットとコールド用に分かれていた
SN382069

posted by LinuxDK at 23:14| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Junk - 分解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PC-9821 Xa200

SN382058 SN382061 SN382051 SN382053SN382055SN382052  SN382054  SN382056 SN382057  

SN382059SN382060

posted by LinuxDK at 23:05| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Junk - 分解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

CASIO PRO TREK PRT-1400の電池交換をする

CASIO PRO TREK PRT-1400(1999)の電池交換をする

長年愛用しているプロトレックの電池が再び切れてしまったので自力で交換することにした。
電池交換を店に依頼するとメーカー預かりとなるので時間と金がかかる。その代わり防水テストやらがあるらしい。
SN382279

前に交換したときはSR927Wを使っていた。
今回は時計店にSR927Wが1個しかなかったので近くの電気屋でSR927SWを調達して代用した。

SR927W   1個   420円
SR927SW 1個   390円


SN382276

裏ふたの4本ねじを開けると電池が現れる,金具を針など細いもので慎重に取り外すと,電池が取り出せるようになる。
近くに2本ある金色のバネは飛びやすいので注意する。

 SN382277

電池交換終了後,「AC」と書いてある金色の端子と,電池のプラス端子をショートさせてリセット動作をさせる。コレを行わないと時計が起動しない。

SN382278 

これで再び時を刻むようになった。しかし95年て・・・
 SN382280

posted by LinuxDK at 02:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | Junk - 分解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月04日

石油ファンヒーターの分解清掃 CORONA GT-3230

インバータ石油ファンヒーターの分解清掃 CORONA GT-3230

CORONA GT-3230 5年以上使っているが,温度表示部が切れた以外は問題なく動いている。
 SN381840

 

場所によっては1cm以上ホコリが積もっていた。
やはり床置き,高温な機械なのでホコリが混入しやすい。
SN381841

posted by LinuxDK at 00:41| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Junk - 分解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

KENWOOD 35+35W車載アンプ KAC-5280を解析する

KENWOOD 32W車載アンプ KAC-5280を解析する

 

前回,「KENWOOD 車載オーディオセットを分解する KGC-7480 KTC-7680 KXC-7580 KAC-5280 KAC-8200」
の続きです。

SN381787 SN381800SN381799

  • KAC-5280 STEREO MAIN AMPLIFIER

仕様や説明書が一切ないため詳細は不明ですが,オーディーセットとMIDIポートのようなケーブルで繋がっており,一体となって動作するようです。そのため,単独で動作する仕様ではありません。

しかし,このまま必要な部品がないゴミ機器を捨てるのはもったいないので,使えるようにしてみたいと思います。
成功した暁には70Wで「みっくみっくにしてあげる」を流してみよう

 

SN381797   SN381798

 

まずはいつもどおり,筐体を開いて基盤を取り出し,パターンをひたすら追っていきます。
その結果がこれ

KAC-5280_pattern

オレンジ線に3.3Vを印加すると前面LEDのPOWERランプが点灯した。

 

あとちょっと・・・

 

 

 

posted by LinuxDK at 01:58| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Junk - 分解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KENWOOD 車載オーディオセットを分解する KGC-7480 KTC-7680 KXC-7580 KAC-5280 KAC-8200

KENWOOD 車載オーディオセットを分解する KGC-7480 KTC-7680 KXC-7580 KAC-5280 KAC-8200

 

SN381790
今回の生贄たち

  • KGC-7480 GRAPHIC EQUALIZER
  • KTC-7680 RADIO TUNER
  • KXC-7580 カセットテープ再生機
  • KAC-5280 STEREO MAIN AMPLIFIER
  • KAC-8200 STEREO MAIN AMPLIFIER(左にある銀色の筐体)

SN381787 SN381788
90年代のものらしく,レトロ感が漂う

 

 

SN381796 
KXC-7580 カセットテープ再生機は部品取りに使われました

つづきは次回

posted by LinuxDK at 00:32| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Junk - 分解 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 IT技術ブログへ
食べログ グルメブログランキング banner_03[1].gif
押していただけると喜びます

長期間、樽でじ〜っくり熟成!【幻のプレミア麦焼酎】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。