2008年01月20日

jAthena RedHatLinux fstab

jAthena RedHatLinux fstab

----- fstab -----

マウントはできたけど、読み書きがrootでしかできない、起動時に自動マウントしたい場合は
以下ファイルの変更を行う

/etc/fstab
LABEL=/ / ext3 defaults 1 1
LABEL=/boot /boot ext3 defaults 1 2
none /dev/pts devpts gid=5,mode=620 0 0
none /proc proc defaults 0 0
none /dev/shm tmpfs defaults 0 0

[1]ーーーー[2]ーーー[3]ー[4]
/dev/sda3 /ragnarok vfat user,uid=500,gid=500,rw,exec,auto 0 0

/dev/sdb1 swap swap defaults 0 0
/dev/cdrom /mnt/cdrom udf,iso9660 noauto,owner,kudzu,ro 0 0
/dev/fd0 /mnt/floppy auto noauto,owner,kudzu 0 0

/dev/sdc1 /mnt/mo vfat user,uid=500,gid=500,rw,auto 0 0







[1] デバイス(この場合、MOドライブを指定している)
[2] マウント先(自分で作ったフォルダ)
[2] ファイルタイプ(Windows FAT FAT16 FAT32フォーマットであればvfat)
[4] オプション



オプションについて
user --- 一般ユーザー参照可
uid ---- フォルダのユーザーID指定 ※IDは/etc/passwdを参照する
gid ---- フォルダのグループID指定
rw ---- 読み書き可
exec -- スクリプト実行可 ※重要
auto --- 自動マウント

変更したらシステムの再起動を行う

posted by LinuxDK at 16:27| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Software - jAthena | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック