アメリカン・エキスプレス。たとえば、空港からスーツケース無料配送

2008年01月20日

jAthena RedHatLinux 見えない改行

jAthena Linuxメモ
RedHatLinuxでの構築メモ(Fedoraにおいてもほぼ通用)

-----見えない改行-----

実行可能スクリプトの改行コードにハマりました.
]$./athena-start start

と、実行しようとすると
: bad interpreter: そのようなファイルやディレクトリはありません
bad interpreter と表示されてしまいました。
スクリプトを vi で開いて確認すると,#!/bin/sh と正しく書かれているように見えます.
エラーメッセージの行頭にコロンが来ているのは何故... ということを考えたとき,

原因が判明しました。スクリプトの改行コードが CR+LF だったためでした.

秀丸で開きなおし
ファイル(F) - エンコードの種類(D) - 改行コード = LF
自動変換で読み直し、セーブして解決しました
ラベル:jAtnena RedHatLinux
posted by LinuxDK at 16:24| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Software - jAthena | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 IT技術ブログへ
食べログ グルメブログランキング banner_03[1].gif
押していただけると喜びます

長期間、樽でじ〜っくり熟成!【幻のプレミア麦焼酎】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。