アメリカン・エキスプレス。たとえば、空港からスーツケース無料配送

2012年02月26日

ヒットメーカーは「山ガール」 モンベルの従業員提案制度

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120226-00000517-san-bus_all

 登山が趣味の女性「山ガール」や、「父と息子の男旅」を地でいく親子など、今アウトドア派が元気だ。関西発のアウトドア用品のブランドといえば、「モンベル」が有名だが、同社は従業員を「アウトドア派」の精鋭で固め、従業員が新商品のアイデアを提案するというシステムを20年以上も前から導入しているという。アイデアは年間4千件以上寄せられ、ヒット商品のヒントがぎっしり詰まったファイルの厚さは約20センチにもなる。「よく遊び、よく働け」。趣味と実益を兼ねた提案制度でヒットを重ねるモンベルのパワーの源を探った。

 「山ガール」たちがお気に入りの、登山の際に着用するスカートがある。これは、モンベルの従業員提案制度から生まれたヒット商品のひとつだ。

 タイツやズボンの上から巻くことで、冷えやすい腰回りを温めることができる機能性が好評。フリースや綿入りなど素材やデザインも豊富で、かわいいもの好きの彼女たちの心をとらえている。

 このほか、子供と一緒に磯遊びをしたい男性社員が考案した子供靴も、従業員提案制度を活用したヒット商品だ。ジャージー素材を用いているため水はけが良いのが特徴。カヌー好きな女性から寄せられたアイデアで、胸の圧迫感が少ないライフジャケットも誕生した。いずれも、売れ行きは上々だ。

 「アウトドア派の好みはアウトドア派こそ知る」。数々のアイデア商品を生み出す提案制度の秘密を探ろうと、門外不出のファイルを見せてもらった。

 「価格は2000円〜3000円で」、「シンプルなデザインのものを」…。

 分厚い紙の束をパラパラとめくってみると、思い思いのアイデアが書き込まれ、中にはリュックサックや登山服のイラストを添えているものもある。

 これが、モンベルの成長を支えてきた社員やショップの販売員から寄せられたアイデアだ。

 広報部の渡辺賢二さんによると、この“投票制度”は20年以上続いている同社の伝統的な取り組みのひとつ。今では社員やアルバイトも含めて1000人くらいが「投票権」ならぬ、提案権を持っているという。

 社員だけに限らず、アルバイトも参加できるのは、アウトドアショップという特性上、正社員ではない方が集中して稼ぎ、その分を山登りや川下りなどに充てる人がいるためだ。そのアクティブでパワフルな働き方と遊び方を実践するアルバイターたちからこそ、「より専門性の高い意見を集めることが期待できる」という。

 ほかにも、アウトドア仲間の何気ないひと声や山小屋の主人の意見を、職場の用紙に書き込んで送るケースもあるという。

 このように寄せられるアイデアや意見は年間約4000件。全て大阪市西区にある本社の商品企画の部署に集約され、カテゴリー別にデータベース化される。選抜作業をした後、社員参加型の会議にかけられて、商品化につながるのだという。

 渡辺さんは「自分たちがプレーヤーという気持ちで、例えば登山者が何がほしいのかを、自分たちが一番分かっているという気持ちが大切」と話している。

 大阪で誕生し、日本を代表するアウトドアのトップブランドに成長した裏側には、数え切れないほどの社員たちのアイデアがあった。(
posted by LinuxDK at 17:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 1週間後も見たい記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
openkoreについて質問をさせていただきたいのですが、掲示板を見ましたところ機能していないようなのでコメント欄でお伺いしてもよろしいでしょうか?
Posted by at 2012年07月17日 15:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/254225197

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 IT技術ブログへ
食べログ グルメブログランキング banner_03[1].gif
押していただけると喜びます

長期間、樽でじ〜っくり熟成!【幻のプレミア麦焼酎】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。