2011年11月11日

米軍装備に中国の偽部品=100万個以上、MDにも―上院軍事委

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111108-00000075-jij-int

【ワシントン時事】米上院軍事委員会のレビン委員長(民主)、マケイン筆頭理事(共和)は7日、連邦議会で記者会見し、米軍が導入した装備から少なくとも100万個の偽の電子部品が見つかり、その大半が中国製だったとする同委の調査結果を発表した。

偽部品が発見されたのは、ミサイル防衛(MD)システムの一つである戦域高高度地域防衛(THAAD)ミサイルや対潜ヘリコプター、輸送機に搭載されたコンピューター機器などで計1800件。
 レビン氏によると、これらの偽電子部品の流通経路をたどったところ、7割の製造元が中国企業だった。一部は、廃棄物から取り出した部品を新品に見せかけ販売したとみられるという。
 同氏は判明したケースについて「氷山の一角にすぎない」と指摘。さらに多くの偽部品が使用された可能性に言及した。 

【関連記事】
〔写真特集〕ニセモノ?ぞろぞろ
〔写真特集〕世界のミサイル~米軍の終末高高度防衛ミサイルTHAAD~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~銃剣から核兵器まで~
〔写真特集〕中国の軍用車両~最新鋭99G式主力戦車~
posted by LinuxDK at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 1週間後も見たい記事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。