アメリカン・エキスプレス。たとえば、空港からスーツケース無料配送

2011年10月07日

【今、何が問題なのか】無人機への憎しみ

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/diplomacy/530886/

オバマ米政権が、ソマリア、イエメンのアルカーイダ系武装勢力をたたくため、無人機使用を本格化させた。無人機攻撃はアフガニスタンパキスタン国境一帯でのアルカーイダ掃討戦で、成果を挙げた。だが、無人機には冷酷なイメージがあり、使用範囲の拡大が反米感情の広がりを招く懸念もある。きょうのテーマは「無人機への憎しみ」とした。

関連記事

記事本文の続き ワシントン・ポストは先ごろ、オバマ政権が、アフリカ大陸東端のアフリカの角(つの)とアラビア半島での対テロ戦で、無人機の出撃拠点を整備していると伝えた。標的はいずれもアルカーイダ系の武装勢力、ソマリアの「アッシャバーブ」とイエメンの「アラビア半島のアルカーイダ(AQAP)」である

■戦線拡大

 記事によると、米国はソマリアの「アッシャバーブ」をにらんで、隣国エチオピアに新たな無人機の出撃拠点を建設中。インド洋の島国セーシェルにはすでに無人機が配備されており、米海軍と空軍が2009年9月から運用している。海賊対策が名目だが、秘密公電によれば、対テロ戦にも使われている。

 無人機は紅海への入り口に位置するジブチにも配備されており、ここからは、ソマリアと「AQAP」のイエメンの双方に出撃が可能。このほか、米中央情報局CIA)がアラビア半島の、おそらくはイエメン国内に、無人機用の秘密滑走路を建設しているという。

 イエメン国防省は先ごろ、AQAPの主要幹部とされるアンワル・アウラキ容疑者(40)を殺害したと発表した。イエメン国内で9月30日、米軍とCIAが無人機による攻撃で仕留めた。

 ■有用だが冷酷

 無人機はアフガン、パキスタン国境一帯でのアルカーイダ掃討戦で大活躍した。だが、無人機の攻撃に一般住民が巻き込まれ、死傷することもあり、パキスタンでは評判が悪い。無人機は普通、米国内の基地で操作される。ボタン一つで遠隔地の人間を殺傷できるのだ。このことが、無人機のイメージを一層、冷酷なものにしている。

 米陸軍士官学校の対テロ戦の専門家、ブライアン・フィッシュマン氏は米公共ラジオ(NPR)に「無人機はアルカーイダに大きな打撃を与えたが、米国内にアルカーイダの側につく者を増やした」と指摘した。無人機攻撃の冷酷さに憤り、アルカーイダに代わって、テロを敢行しようとする者が現れるようになったのだ。

 2010年5月のニューヨークの繁華街、タイムズ・スクエアであった車両爆破テロ未遂事件の犯人、ファイサル・シャザド受刑者(32)=終身刑=もどうやらその一人らしい。シャザド受刑者は捜査当局の調べに「米国の無人機攻撃が、テロを計画する大きな動機になった」と供述していた。

 ■米国に「お返し」

 米連邦捜査局(FBI)は9月28日、爆弾を積んだ遠隔操縦の小型飛行機をワシントンの連邦議会と近郊の国防総省に突っ込ませるテロを企てたとして、マサチューセッツ州に住むレズワン・フェルダス容疑者(26)を逮捕した。FBIの捜査員がアルカーイダのメンバーを装ったおとり捜査で摘発した。

 米国内でおとり捜査でテロ未遂犯が逮捕されるのは珍しいことではない。この事件が目を引いたのは、テロの道具として無人機が選ばれたことだった。対テロ戦で活躍する米国の無人機と比べるとおもちゃのようなものだが、それでも無人機は無人機だ。

 フェルダス容疑者はノースイースタン大(オクラホマ州)で物理学を専攻。2010年初め、イスラム過激派のウェブサイトでその思想に感化され、対米テロを目指すようになった。米国に無人機攻撃の“お返し”をしようとしたわけだ。

 (編集委員 内畠嗣雅(うちはた・つぐまさ)/SANKEI EXPRESS)

posted by LinuxDK at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 1週間後も見たい記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 IT技術ブログへ
食べログ グルメブログランキング banner_03[1].gif
押していただけると喜びます

長期間、樽でじ〜っくり熟成!【幻のプレミア麦焼酎】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。