2011年09月26日

G-SKY GS-28USB-50 をAP アクセスポイント化する

G-SKY GS-28USB-50ですが、無線LAN子機はもちろん親機にもできます。

今回はその設定を

21872812_802619803_9large.jpg

使用装置

GS-28USB-50 1000mW
802-11g High Power
http://www.gsky-link.com/

chipsetはRalink製
http://www.ralinktech.com/

箱の記載では IEEE 802.11 b/g 2.4GHz
通信距離は見通し1200mだそうです。

g-sky ap mode.JPG
1、まずはRT73 USB(GSKY)とInternet接続しているLANが生きていることを確認。

2、LAN側のローカルエリア接続の状態を開く
3、全般 ー プロパティを開く

g-sky ap mode2.JPG
4、ローカルエリア接続のプロパティ画面 - 詳細設定
5、インターネット接続の共有の中にある「インターネット接続を通しての接続を許可する」にチェック。
6、OKを押して閉じる

これでG-Skyがアクセスポイントとして利用できるようになる。

posted by LinuxDK at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Junk - 無線 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック