2011年09月18日

笑えぬ童子(わらし) 第11話 記憶

コミックゼノンって拝金の漫画をやっていたので気になっていましたが、創刊後やっと始めて買ってみました。

 

なんと、拝金の最終回号でした。回転速っ

その中で、気になった記事をご紹介。

笑えぬ童子(わらし) 第11話 記憶

真野真著

座敷わらしが記憶の「他者入れ替え」を業(カルマ)と称して行うものですが、認知症事例など社会問題とからめた傑作です。

絵的にもけっこう気に入っておりますので続編を期待しております。

雑誌と携帯でエンディングが異なるシステムも久しぶりに拝見しましたが、315,525,1050円と3パターンで分けているのはなかなか頭がいいと思います。加入率の門戸を広げるよいシステムですね。

あーしかし、拝金は仕方なかったとしてもコンシェルジュ・プラチナム無くなったらほんと楽しみがなくなってしまうかも・・・HOTEL、大使閣下の料理人、グ・ラ・メなどサービス系漫画は仕事上役に立つことも多いので~

posted by LinuxDK at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常のこと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック