アメリカン・エキスプレス。たとえば、空港からスーツケース無料配送

2009年08月12日

Vol.1 ICOM IC-731でHamRadioDeluxeを使ってみる

HamRadioDeluxe 
IC-731で短波ラジオをよく聴くが、無線機が机より若干遠いため周波数の変更がかなりめんどうである。
ヤフオクでUSB CI-Vインターフェースケーブルが格安で売られていたので思い切ってREMOTE制御を行うことにした。

使用するソフトはHamRadioDeluxyにする。

yamacyanmusen-img600x450-1248604995hwwyrb26624
で、これが買ったCI-V USB Interface Cable。
携帯電話の通信ケーブルを自作改造すれば作れる。
http://qtc-japan.net/2001/08_homebrew/us%82%82_civi/report.htm


yamacyanmusen-img600x450-12486049942uiurp26624[1]
長さは1m程度あった。送料を入れて1120円。材料費を考えると割安だった。

以下参考情報

 


 

IC−706/ 7000他 多機種対応 アイコム機リグコントロール用 USBインターフェース
商品について

アイコムの多くのリグに使われているCI−V用インターフェースです。

USBタイプです。携帯電話用インターフェースを流用しています。

アイコムの純正インターフェースのCT−17に対応しているリグに使用できます。

対応のアイコムのリグとCI−Vアドレス一覧は→ 
http://www.geocities.jp/jst_777/CIV-ADR.HTML


対応リグは、 IC-703/706/706MK2/706MK2G/721/723/726/729/730/731/ 732/736/746/750/756/756PRO/756PRO2/756PRO3/760/760PRO/775/780/ 7000/7200/7400/7700/7800/271/371/1271/275/375/575/1275/820/821/910/911/970
R10/R20/R75/R7000/R8500/R9000/PCR-1000
です。

USBのため、RS−232CのないPCでも利用することができます。

また、RS−232CをCWキーイング用に使用している場合、キーイングはRS−232C、 リグコントロールは本品を使いUSBでと同時に使用することができます。

RS−232CでCWのキーイングをさせるのが、一番、安定しているため、 リグのコントロール
はUSBの方が良いでしょう。

(手持ちのUSB→RS−232C変換ケーブルでは、zLog/ WinのCWのキーイングはできませんでした)。

USBコネクタをPCへ、3.5mmプラグはリグのリモート端子に接続するだけです。
電源はUSBから供給されます。ケーブルの長さは約110cmです。
データのやり取りでTXとRXのLEDが点滅します。

最初に1度だけドライバーのインストールが必要です。
以下からダウンロードしてインストールしてください。

XP/2000用 
http://www.kairen.co.jp/archive/KZ.up12c_ver3.60.1223.zip
98/Me用 http://www.kairen.co.jp/archive/KZ.up12c_ver1.zip

Windows VistaではMicrosoft updateで自動認識されました。

その他のOSでの動作は不明です 。
ドライバーインストール方法

Hamlog/Win、zLog/Win、 HamRadioDeluxe等でリグの周波数をPCでコントロールしたり、リグの周波数・ モードをPCで読み取ることができ、QSYすると
ログソフトの周波数やモードも自動で追従しますから、バンドやモードの入力ミスが無くなりますね。

zLog/Winは、一部のリグは対応機種であっても動作しないようです。
当方のIC-706mk2Gでは、zLog/Winではコントロールできず、リグ側でCI− VアドレスをIC−706やmk2に変更して、zLog/Winで該当機種に設定することで動作しました。 IC−7400に設定しても動作しましたが、これらのリグには430MHzがないため、 少し不都合が残るようです。

Hamlog/Win、HamRadioDeluxeではIC− 706mk2Gの設定で問題なく動作しました。

各ソフトは、最初にCOMポート番号、リグの型番等の設定をしてください。設定後、 1度ソフトを終了してソフトを起動し直します(起動時にCOMポートの設定が行われるようです)。 COMポート番号はデバイスドライバーのCOMとLPTのプロパティで確認してください (PCによってCOM3、COM4等異なります)。 各ソフトを起動する場合は、 先にリグの電源をONにし、本ケーブルを接続しておいてください。

リグをコントロールするソフトを切り替える際は、ソフトを終了し、リグの電源を1度OFFにし、 もう1度リグの電源をONにしてから、別のソフトを起動してください。

各フリーソフト 一覧

Turbo HAMLOG
http://www.hamlog.com/down.html
Ham Radio Deluxe http://www.ham-radio-deluxe.com/
zlog/win http://www.zlog.org/zlog/zlogwin.html

 


 

次は設定方法を解説する

posted by LinuxDK at 00:32| Comment(1) | Junk - 無線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ic-731 送信できますでしょうか?
 読ませていただき、受信は上手くいき
 感謝しています。
Posted by 三井 at 2010年06月13日 17:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 IT技術ブログへ
食べログ グルメブログランキング banner_03[1].gif
押していただけると喜びます

長期間、樽でじ〜っくり熟成!【幻のプレミア麦焼酎】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。