2009年07月29日

Vol.1 ラミネーター LPD-3211を修理する

動いているようだがラミネーターが読み込まないとのことなので分解してみることにする。

FUJIPLA LAMIPACKER LPD-3211 Super Compact
FUJIPLA LAMIPACKER LPD-3211 Super Compact

CA3C0065
中を開けるとローラーと発熱部がしっかり見える。
どうやらは発熱体は問題ないようだ。

CA3C0064
業務用なので400W対応

 

以下商品情報
--------------------------------
A3サイズ対応のパーソナルラミネーターです。4本ローラー、リバースボタンを搭載したベストセラー機です。

 

 

種別

パーソナルラミネーター

形式
LPD3211
商品番号
10105099
サイズ/重さ
W486×D170×H110mm / 6.0kg
最大ラミネート幅
340mm(A3Wサイズまで)
最大加工厚さ
(加工用紙含む)
0.6mm
推奨フィルム厚
100ミクロンまで
ローラー本数
4本
温度調節
あり
消費電力
400W
特徴
カードからA3サイズまでの加工が可能です。

●4本ローラー搭載で、安定した加工ができます。
●軽量・コンパクトサイズです。
●パワースイッチを押し、レディーランプが点灯すればラミネートOKの簡単操作。
●温度調整機能つきで100ミクロンまでの厚さの加工が可能です。
●万が一の巻き込みトラブルに対応する逆転リバーススイッチ付き。
ワンポイント
アドバイス
温度調整と、巻込み時のリバース機能付き。 A3で10~20枚/日の加工量の方に最適です。

 

次へ続く

posted by LinuxDK at 02:49| Comment(0) | Junk - 分解 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください