2009年06月10日

無線局免許状の申請を電子申請で行ってみようとした

 

前回、無線局免許状(コールサイン)が切れていたことを紹介したが、再申請にあたり電子証明書を利用した申請・ 届出だと手数料が安いらしいのでやってみることにした。

いくら安いかは下の表で

 

無線局の種別 アマチュア無線局
基本送信機の規模
(空中線電力による)
50ワット以下のもの 50ワットを超えるもの
新規免許申請手数料 4,300
( 4,200→2,900 )
8,100
( 7,900→5,500 )
再免許の申請手数料 3,050
( 2,950→1,950 )

 

約34%の割引である。手書きの場合は別に申請書代800円、郵送代などがかかるのでかなりメリットが高い。

で、いざ申請しようとすると問題があった。電子証明書である。
住民基本台帳カードなどをFELICAポート,IC端末でPCに読み込ませて本人確認を行うシステムだ。

住基カードは証明書のつもりで作ってあったのだがIC端末がないので諦める。
ちなみに住基カードはVERがあり、Felicaで使えないものもあるそうだ。ちなみに千葉市のカードは全て対応している。

別の手段としてID、PASSでの利用方法もあった。ただこれは申請してからIDなどが郵送されてくるのでしばらく待たねばならない。
郵便費用をかけてまでオンライン化するよりもクレジットカードや免許証認証でやったほうがもっと安上がりな気がしてならない。

アマチュア局免許人の方向けの電波利用に関する各種手続がオンラインで行えます
http://www.denpa.soumu.go.jp/public2/list/index.html

以下メール


 

* ユーザID発行依頼 到達のお知らせ *

ahoge@nifty.com 様

総務省 電波利用 電子申請・届出システム LiteのユーザIDの発行をお申し込みいただき、有難うご
ざいます。
本人確認の審査の後、不備がなければ郵送にてID通知書を送付します。

■ 問い合わせ番号 U20090609-00000

郵送まで1週間程度かかります。
1週間以上経過してもID通知書が届かない場合は、下記の問い合わせ先に記載されたURLからお問い合
わせてください。
また、お申し込み内容に不備等のある場合、メールにてご連絡しますので、お問い合わせ前にメール
のご確認をお願いします。

□ 電子申請の流れについては、下記リンクより確認してください。
  
http://www.denpa.soumu.go.jp/public2/flow.pdf


---
総務省 電波利用 電子申請・届出システム Lite ホームページURL
http://www.denpa.soumu.go.jp/public2/index.html

このメールに関する問い合わせ先は、下記のホームページでご確認ください。
本メールの記載内容に関して身に覚えがない方もお問い合わせください。
http://www.denpa.soumu.go.jp/public2/contact/index.html

お問い合わせの際は問い合わせ番号をお伝えください。

なお、当メールの送信アドレスは送信専用となっております。
返信メールでのお問い合わせは承りかねますのでご了承ください。

 


 

posted by LinuxDK at 00:23| Comment(0) | Junk - 無線 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください