2008年12月23日

nLiteによるServicePack,Sirial,Driver組み込み済みのブートCDを自作する方法 Windows 2000/XP/Server 2003/XP x64/Server

「nLite」は、自分好みにカスタマイズしたWindows 2000/XP/Server 2003/XP x64/Server 2003 x64のインストールCDを作成できるソフト。本ソフトを使用して、 Windowsに標準で含まれるコンポーネントからユーザーが必要としないコンポーネントを削除すれば、 OSが占めるハードディスクの使用量を軽減できる。また、 SPやセキュリティ修正プログラムなどをあらかじめ適用させたインストールCDの作成も可能。なお、動作には.NET Framework 2.0が必要。
VistaにはvLiteを使用すれば作成できる。

実際にWindows Server 2003 Enterprise Editionで試してみたが、 RAIDコントローラードライバもインストール時にF6連打、FDでのドライバ組み込みやシリアル入力を設定しておいたので、 工数が減ってかなりの負担軽減になった。

SN384924 
写真:サーバなどではRAIDコントローラドライバが必要なことが多いため、 FDによるドライバ追加が必要になる。追加しなかった場合HDDが認識されずインストール不能となる。

このソフトは多機能の上フリーソフトなので是非利用しておきたい。

posted by LinuxDK at 23:27| 千葉 ☀| Comment(1) | Software,ソフトウェア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
If you want to buy a car, you would have to receive the business loans. Furthermore, my brother commonly takes a financial loan, which seems to be really reliable.
Posted by NELSONRachael at 2012年03月04日 11:31
コメントを書く
コチラをクリックしてください