アメリカン・エキスプレス。たとえば、空港からスーツケース無料配送

2008年07月02日

Linux - ハードディスクのS.M.A.R.T.情報を表示するツール smartmontools

Linux - ハードディスクのS.M.A.R.T.情報を表示するツール smartmontools

 S.M.A.R.T.(スマート:Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology System)は、多くのハードディスクが持っている自己診断機能だ。 S.M.A.R.T.から得られる情報を監視することによって、ハードディスクの故障を未然に防げる可能性もある。

コマンドの利用方法はこちらにある
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/521smartinfo.html

今回はRedHatLinux9での導入を行った。

まず、smartmontools Home PageまたはSorcefouge.netよりファイルをダウンロードします。 rpmファイルは残念ながら頒布終了していたので

 

smartmontools-5.38.tar.gzをダウンロード



Downloadが終了したらファイルのあるフォルダでコマンドを実行する
gzip -d      
tar xvf      
configure   
make         
make install

 

3 インストールが終了したら下記コマンドで実行をする。

Usage: /usr/local/etc/rc.d/init.d/smartd {start|stop|reload|report|restart|status}
[root@pe2400 /]# /usr/local/etc/rc.d/init.d/smartd start
Starting smartd:                                           [  OK  ]
[root@pe2400 /]#

ps -ax でプログラムが実行されていることを確認する。

df -m で調べたいHDDのパスを調べておく
[root@pe2400 /]# df -m
Filesystem           1M-        %
/dev/sda5                 3544      2043      1322  61% /
/dev/sda2                   76        10        63  13% /boot
none                       567         0       567   0% /dev/shm
/dev/sda3                 2000      1059       942  53% /ragnarok
/dev/sdc1                17087      6349      9870  40% /mnt/sdc1
/dev/sdd1                  212        28       184  14% /mnt/sdd1
[root@pe2400 /]#                                                            
※SCSI HDDを使用しているので/dev/sd*となっている。 IDEなどであれば通常は/dev/hda となる

smartctl コマンドでHDDの詳細を表示する。 S.M.A.R.T.対応HDDであれば温度なども表示される。

 

[root@pe2400 ]# /usr/local/sbin/smartctl --all /dev/sda
smartctl version 5.38 [i686-pc-linux-gnu] Copyright (C) 2002-8 Bruce Allen
Home page is http://smartmontools.sourceforge.net/
 
Device: IBM      DRVS09D          Version: 0140
Serial number:       6800CBE6SA
Device type: disk
Local Time is: Wed Jul  2 18:58:18 2008 JST
Device supports SMART and is Enabled
Temperature Warning Disabled or Not Supported
SMART Health Status: OK
Elements in grown defect list: 0
 
Error counter log:
           Errors Corrected by           Total   Correction     Gigabytes    Total
               ECC          rereads/    errors   algorithm      processed    uncorrected
           fast | delayed   rewrites  corrected  invocations   [10^9 bytes]  errors
read:       1287        0         1         0          0          0.000           0
write:         0        0         0         0          0          0.000           0
verify:     1287        0         0         0          0          0.000           0
 
Non-medium error count:       29
Device does not support Self Test logging
[root@pe2400 smartmontools-5.38]# cd /
[root@pe2400 /]# /usr/local/sbin/smartctl --all /dev/sda
smartctl version 5.38 [i686-pc-linux-gnu] Copyright (C) 2002-8 Bruce Allen
Home page is http://smartmontools.sourceforge.net/
 
Device: IBM      DRVS09D          Version: 0140
Serial number:       6800CBE6SA
Device type: disk
Local Time is: Wed Jul  2 18:59:10 2008 JST
Device supports SMART and is Enabled
Temperature Warning Disabled or Not Supported
SMART Health Status: OK
Elements in grown defect list: 0
 
Error counter log:
           Errors Corrected by           Total   Correction     Gigabytes    Total
               ECC          rereads/    errors   algorithm      processed    uncorrected
           fast | delayed   rewrites  corrected  invocations   [10^9 bytes]  errors
read:       1287        0         1         0          0          0.000           0
write:         0        0         0         0          0          0.000           0
verify:     1287        0         0         0          0          0.000           0
 
Non-medium error count:       29
Device does not support Self Test logging
[root@pe2400 /]# 

 

以上

Webminでは画像のような表示がされる。もし表示されずエラー画面となるようであればパスが違う恐れがあるのでモジュール設定 (module configure)で変更を行う。

webmin-smartdrivestatus

 

Full path to smartctl commandの部分を下記のように変更する。

 

SMART Drive Status に設定可能なオプション
Display mode One drive    All drives   
Show all attributes Yes    No   
Full path to smartctl command
Force ATA query mode? Yes    No   

 

変更が終了したら保存をクリックして設定を反映させる。

posted by LinuxDK at 19:19| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サーバプログラム関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 その他趣味ブログ アマチュア無線へ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ にほんブログ村 IT技術ブログへ
食べログ グルメブログランキング banner_03[1].gif
押していただけると喜びます

長期間、樽でじ〜っくり熟成!【幻のプレミア麦焼酎】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。